完全無料のリードメール自動クリックツール。ポイントメールにも対応。最大30通を同時閲覧処理する最速自動化ソフトです。

リードメール自動クリックツール

topimg

はじめに

メールリンクチェッカーの使い方

メールリンクチェッカーは、受信したメールの本文に含まれるリンク先を自動で表示するツールです。
リードメールやポイントメールなど自動クリックし、閲覧することが可能です。

このツールの使い方は簡単です。
最初のアカウント設定で少しつまずいてしまう方もいるようですが、設定さえしてしまえばボタンを押すだけで自動クリック処理を行います。
最初の設定から自動クリック処理までの手順は、

①アカウント設定を行う。
②メール受信ボタンを押す。
③自動確認実行ボタンを押す。

後は、全てのメールの自動クリックが終わるまで待つだけです。
2回目からは、①は必要ないので②③を行うだけです。

では、設定手順を説明していきます。

まず、このツールを使うのにはメールアドレスが必要です。
フリーメールにも対応しており、
GmailやYahooメールなど、
メールソフトで受信することができるものであればどのメールアドレスでも使用できます。

設定手順1 アカウント設定
メールリンクチェッカーでメールを受信するための設定を行います。
アカウント設定は下記のページを参考にしてください。
アカウント設定

設定手順2 メール受信
アカウント設定が終了したら、
メール受信設定でツールの動作を設定できますが、
まずはツールが使えるかどうかの確認と使い方の確認をしましょう!

「メール受信」ボタンを押して設定したメールアドレスからメールを取得します。
 はじめに

左側の一覧に受信したメールの一覧が表示されます。
まずは使い方の確認なので、数件受信されたら「受信中止」ボタンをクリックしてメール受信を中止します。

設定手順3 自動確認実行
メールを受信しましたら、そのメールを順番に自動クリックさせます。
「自動確認実行」ボタンを押します。
そうすると、左下のタブに「PR]が表示され、右下のタブに「スポンサー」が表示されます。

 はじめに

「PR」の上部に記載されていますが、
自動確認実行は、PRを一定時間閲覧していただくか、興味のあるスポンサーサイトへ訪問していただくことで使用可能となります。

上記条件を満たし、再度「自動確認実行」ボタンを押します。

 はじめに

自動確認処理が行われ、次々にメールを処理していくので全て終わるまで待つだけです。

左下のタブには、クリックしたリンク先サイトが表示され、右下のタブには、「処理状況」が表示されます。
「残り」がメールの数で、これが全て0となったら完了です。

「選択認証待ち」と一覧に表示されている場合は、数値選択が必要なサイトです。
一覧の「選択認証待ち」となっている行を選択すると左下のタブにサイトの認証ページを表示するので認証を行ってください。

基本的な操作は以上です。

メールリンクチェッカーには、「メール受信設定」で様々な設定が可能で、便利な機能があります。
基本的なツールの使い方がわかったら、色々と設定を変えることをおすすめします。

「メール受信設定」
・同時実行処理数を変更する。(最大30通同時処理)
・広告が表示される秒数を変更する。
・新しい画面で表示される広告を表示しない。
・メールリンクチェッカーで処理するメールをドメイン指定する。
・画像選択数値認証を自動化する。
・リードメールサイトへ自動ログインするように設定する。

「表示設定」
・常に手前に表示する。
・右側の操作エリアを非表示にする。

「便利操作」
・広告表示病数を待たずに告ぎの広告を表示
・選択認証待ちへ移動
・定期確認実行

使い方で不明な点があれば、お問い合わせからお問い合わせください。
3日以内にはご返答します。

uO